団  体  名    一般社団法人コアプラス
法人設立     2013年2月15日

        (任意団体設立:2007年7月1日)

代表理事     武田 緑(たけだみどり)
事  務  所    〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路1-15-24
連  絡  先    E-mail:contact@coreplus.info

理事

[ 代表理事 ]
武田緑/Midori Takeda

 1985年生まれ。大阪市出身。2004年にNGOピースボート主催の地球一周の船旅への参加したことをきっかけに「多角的に物事を見、自分の頭で考える」ことの大切さを痛感。2007年に神野とともにコアプラスを立ち上げ、以後、教育関係者が「教育を学ぶ」ためのプログラムを多数企画実施。小学校教員などを経て、2010年から(特活)暮らしづくりネットワーク北芝の職員として地域教育部門を担当。こども通貨の地域内流通や教育やまちづくりについての研修プログラムづくりなど複数の事業に従事。コアプラスとしての独立を決意をし、2013年3月に同NPOを退職。現在はコアプラスの事業を中心として担いつつ、講演やファシリテーションの仕事で全国を飛び回っている。


ファシリテーターとしてのテーマは「多様性を、いかにエネルギーに転換できるか」。自分の仕事を通じて、「私の人生は私がつくっている」「私たちの社会は私たちがつくっている」と肯定的に言える人が増えることが目標。
▶︎ブログへ

 


[ 副代表理事 ]
木脇嶺/Rei Kiwaki

 母の影響で、幼い頃からジェンダーについて関心をもち、社会にあるアタリマエに違和感をもちながら過ごす。17歳のとき高校を中退。そのころの経験や社会に対する思いが、今でも活動のエネルギーになっている。その後、高校卒業程度認定試験を経て、大阪教育大学の夜間部へ進学、2015年春卒業。学生時代より、NPO法人暮らしづくりネットワーク北芝にて中学生・高校生を対象にした居場所づくり・教育相談などの地域教育事業に従事。また、生活困窮者自立支援法に基づく相談員を兼務。20163月に同法人を退職し、コアプラスの活動に注力する。

現在は、co-arcに次ぐ新たな拠点としてコミュニティハウスをつくるべく、高槻の日本家屋に管理人として居住しながら活動する。


神野有希/Yu-ki jinno

 

 小学校4年生から中学校3年生まで、和歌山県の山中にある「学校法人きのくに子どもの村」にて学ぶ。自然と大人と、小1〜高3までの友だちから多くを学び、中学校を卒業。進学した地元の公立高校で、「教育」や「学校」「学び」の捉え方に対して違和感を感じ、それらの影響力の大きさに恐怖を覚える。「違和感」と「恐怖感」という負のエネルギーから始めた様々な活動をとおし、教育の可能性を感じるようになる。大阪府立小学校での常勤講師を経て、現在はシチズンシップ共育企画運営委員としても活動をしている


藤原由香里/Yukari Fujiwara

 1983年生まれ。京都府京丹後市出身。兵庫教育大学大学院学校教育研究科修士課程修了。京都府公立小学校教諭。子どもの頃より、「もうひとりのわたしの声」を表す方法を模索する中で、詩作、吹奏楽、ダンス、英語、演劇などの表現と出会い、「学ぶ」ということについて学ぶ。大学院では即興演劇におけるコミュニケーションのあり様について研究した。小学校で勤務しながら、「もうひとつの(alternative)教育のあり方」を志向する中で、コアプラスと出会い、運営に関わるようになる。アートや表現を通じた活動の中で、子どもたちが、自分、他者、社会と出会い直す機会をつくりたいと思っている。2007年3月から、インプロ(即興演劇)の教育現場での可能性を探るワークショップ「しなリレ」を主宰。
好きな言葉: Life is what happens to you while you are making other plans. ―Celia Hunter(人生とは、何かを計画している時に起きてしまう別の出来事のこと。)
▶︎ブログへ

 


上野敬峰/Takao Uwano

 1989年生まれ。宮城県仙台市出身。幼い頃から「学校とは『勉強』『部活』『生徒会』を押さえれば褒められるところ」と定義し、3本柱を極めることに全てを捧げる。成績は学年最上位。部活動ではバレーボールの市優秀選手で表彰。生徒会長にも選出。周囲からは「できる子」と見られるも、本当は常に自信がなく、怯え、他者との交流が苦手な人間であることを常に自認。内外の乖離に苛まれる。「ありのままを評価しない環境に子どもを縛り付けるべきではない」と思い、大学時代はNPOや任意団体での活動を通じ、多様な教育に対する知見を高める。

 現在は広告会社勤務の傍らコアプラスの運営に携わる。オカメインコをこよなく愛する。

▶︎ブログへ

 


鵜野彩花/Ayaka Uno

 1993年生まれ、おひつじ座のAB型。ついこの間まで人の心を読むエスパーになりたかったが、あまりにも難しいことが判明し、あえなく断念。高校生の頃は世の中が面白くなさすぎて、「公務員になって、定時に帰って、あとはアニメと漫画をみて過ごす日々を送ろう」と思っていたが、大学2回生のときに武田緑と出会い、社会に対して少し希望を抱きはじめる。

「自分のやりたいことは何か」を探す迷子。「迷わず迷う」をモットーに、日々迷い続ける。

 


事務局スタッフ


大崎さつき/Satsuki Osaki

 

 1988年・辰年生まれのB型、京都出身。コアプラスの細かいこと担当で会計全般とデザイン系のこととかしながら、ぱわふるな裏方の人を目指している。

 幼い頃から怒られるのもできないのもきらいで、するするとよけながら育ち気づけば大学を卒業、教育の道に進む。2015年、コアプラスと出会ってたぶんぐるっと人生変わった人。

 とにかく教育に関わって生きたい。どう生きたいのかはまだちょっと見つからない。ただ「自由」に学び、「自由」に生きたい。ふだんは京都で私立高校の事務職員。


石田哲士/Tetsushi Ishida

 

 1996年生まれ。ゆとり最後の世代と脱ゆとり世代の狭間育ち。

流れに流され生きるままにコアプラスに流れ着き、事務局スタッフとなりWeb関連を気楽にがんばっている。

 生きていく上で安心できる居場所をつくることが重要だと考え、自身も流されつつ居やすい場所を見つけては居座って生きてきた。その中で自分も居場所をつくったりしたい、と思い立ち、「公立の学校を誰もがいやすい場所にできる先生」、「地域に開いた駄菓子屋を開く」という二つの夢を持つに至る。それなりに将来設計もゆるっとしている。

現在は大学生。屁理屈と思索が得意。映画を見たりする。

 


定岡雄太/Yuta Sadaoka

 

1996年生まれ。大阪府箕面市出身。

中学、高校時代に友達に勉強を教えることが楽しいと感じた経験から先生になることを目指して教育大学に進学。しかし大学で学ぶうちに"教育の本質"、"教育って何なんだろう"と考えるようになる。そんな中コアプラスの海外フィールドスタディーツアー in フィンランドに参加し、よりその思いが強まり、そのままコアプラスの活動に少しずつ参加するようになる。

趣味は読書と生物学を学ぶこと。ぼーっとする時間を好む。


桂山詩帆/Shiho Katsurayama

 

愛知県出身。中・高校生の時「力まずに生きるとは?」と、ふとした時に考えていた。

大学生3回生の時にコアプラスに出会い、教育の捉え方が大きく変わる。またコアプラスとの繋がりで世界一周しながら教育について考える"Global Teachers College"を知り、NGOピースボートに乗る。その経験から「教育」は偶然に任せることなくどんな背景をもつ人でも、自分で自分の人生を豊かに、自分で「生きる」を創っていく根本的な土台を耕すことができるものに繋がってるなと考えている。


スタッフ

門田表/Hyo Kadota
(はらいふチーム)

 

 1984年生まれ。さまざまな仕事をしたのち、世界一周の船旅ピースボートで武田緑と出会い「私の人生は私がつくっている」「私たちの社会は私たちがつくっている」という価値観に共感し、コアプラスに関わり始める。現在は東淀川の障がい者のグル―プホームで働きながら、コミュニティハウスはらいふにて、パーマカルチャーをテーマに生きている。好きなことは読書や植物を観ること、ギターを弾くこと。


岡村樹/Itsuki Okamura
(Educators Communityチーム)

 1992年生まれ。兵庫県で生まれ育つ。幼い頃から教師に憧れるも、大学受験失敗の経験から人生の再スタートを試みる。視野を広げるため様々なことに挑戦しようと百貨店の販売員や巫女、子ども写真館のカメラアシスタントなど多種のバイトやボランティア活動をした後、アイルランドに短期留学し現在は(一応)大学生をしながら小学校で支援員をしている。子どもと信頼し合える教員を目標とし、コアプラスでは教育の視野の広がる場づくりができるようになることを目指す。


加藤千絵/Chie Kato

 (Facilitative Educators Programチーム)

 中・高・大10年間の女子校ライフによって「共生」の精神を養われたことが人生の軸になっている。中学時代にジャーナリスト・松井やよりさんの講演を聞き、ジェンダーはもちろん、こども・女性問題へひきつけられ、その道のプロフェッショナルを目指しアメリカ留学を考えるも英語力が不足していると感じてカナダへ語学留学。これも自分の人生に大きな影響を与えてくれた。ありのままの自分でいられる心地よさと自信を身につけて帰国。現在はこども向けに「多角的な視点を養い、自分で考える力」を養う英語学校を東京・自由が丘で運営。

 コアプラスには私のやりたいことがつまっている。東京での活動を広めるために奔走中。


鎮西春奈/Haruna Chinzei

 (海外フィールドスタディチーム)

 1990年生まれ、大阪出身。幼い頃から外国の文化や人の暮らしに好奇心を持って育ち、大学では外国語学部に進学。社会人になった今でも暇を見つけてはあちこち飛び回っている。大学時代のヨーロッパ留学で受けたカルチャーショックをきっかけに、いかに自分の持っている「アタリマエ」が当たり前ではなかったかを痛感すると同時に、人々の価値観を育む各国の教育や社会制度のちがいに関心を持つようになる。現在は一般企業に勤めながら、休日はNPOなどの活動を通して好奇心旺盛に活動中。コアプラスでは、いろいろな立場の人が自分の殻をやぶるきっかけを作りたいとの思いから、世界のさまざまな教育現場を訪問する海外フィールドスタディツアーの企画を担当。


森分志学/Shigaku Moriwake

 (Facilitative Educators Programチーム)

1990年生まれ、岡山県出身。小中高と学級委員体質で教育課程を過ごすも、時折見せる達観した態度が教員の反感を買い、決して評判がいいとは言えない子どもだった。大学時代は、いわゆる‟大学生“的な生活を送り就職活動に臨むも、「自分の大学生活に意味はあったのか」と現行の教育課程や高大接続などに(身の程知らずにも)違和感を覚える。以降、大学院に進学しNPOなどの様々な教育活動を実践。就職をきっかけに大阪に引っ越し、コアプラスと出会う。 

コアプラスでは、「Educational Facilitator Program」に参画。また、教育に関わるキャリアを考える学生向け企画も担当。


フェロー

小石原智宏/Tomohiro Koishihara

 1980年生まれ。京都府公立小学校教諭。

 他者と分かりあえない・自分のことも信じられない・言葉にならないモヤモヤに苦しんだ学生時代、ART・DESIGNに出会い心に光がさす。憧れの広告業界に入るも大迷走の20代を送る。

 友人のNPO設立に伴う子ども向けのプログラムデザインに関わる中で教育に出会い自分の進むべき道を見つける。

「厳しい社会で生きていける力を」「幸せな子ども時代が人の一生を支える」を胸に教育現場でファシリテーションに出会い、違和感・揺れに向き合いながら出会った子どもたちと物語を紡ぐ。特別支援教育に出会い、これまで当たり前だと思っていた子ども観・発達観がひっくりかえる体験をする。

 教育の世界、表現の世界、アートの世界の間を生き、山とダンスと温泉、カレーをこよなく愛する。 



橋本貴/Takashi Hashimoto

 1987年生まれ。大阪府小学校教諭。

 学生時代に地域の居場所づくりに携わり、多くの地域の大人・子ども・学生と関わる中で人生観ができてくる。教育系サークルで活動をし、様々な形の学校・先生に出会い、教育観・学校観が広がる。

 信頼ベースの学級ファシリテーション・プロジェクトアドベンチャー・『学び合い』を取り入れ、子どもたちが大人になった時に、幸せにすごせるようにするには、どんな教育が必要なのかを考え、日々奮闘中。趣味、ロードバイクとお菓子づくり。



山本一成 /Issei Yamamoto


 1983年生まれ。埼玉県深谷市出身。幼少期はリズム遊びで有名なさくら保育園にてたくましく育てられ、その影響から保育士資格を取得。2008年より3年間、京都造形芸術大学こども芸術大学にて芸術教育士として勤務。「保育の現場で起こる体験の深みを言葉にしたい」という動機から退職し、京都大学大学院教育学研究科に入学、臨床教育学を学ぶ。現在は大阪樟蔭女子大学にて保育者養成に従事しつつ、生態学的哲学の観点から保育環境の研究を行っている。 

 


アドバイザー

井上勉/Tsutomu Inoue
(NPO法人暮らしづくりネットワーク北芝)


西江尊徳/Takanori Nishie
大東市障害者生活支援センター・相談員/元私塾経営者)


武田富美子/Fumiko Takeda
(立命館大学生命科学部准教授)


森実/Minoru Mori

(大阪教育大学教授)


廣水乃生/Norio Hiromizu

(コミュニティファシリテーション研究所 (Community Facilitation Institute) 代表


沿革・活動実績

2007年7月  コアプラスの前身「教育の多様性体感プロジェクトCORE」がスタート。

         当時共に大学生だった武田と神野が出会い、意気投合。

         学校見学(現・フィールドスタディ事業)の取り組みを始める。

2008年2月  初の宿泊型フィールドスタディを実施。

         3泊4日で関東の多様な教育現場を巡る弾丸ツアー。

         この企画の成功により、団体の方向性が定まる。


2009年6月  「EDU★COLLE〜多様な教育の博覧会」を初実施。

         芦原橋にて開催。約30団体が出展。約150名が参加。

2011年3月  初の海外フィールドスタディを実施。

         7泊8日で、オランダにてイエナプラン校などを巡る。

2013年2月  一般社団法人コアプラス設立

         武田の専従化を機に任意団体から法人に移行。


2015年4月  組織体制整備

         チームで動く体制が一定整う。現場への権限移譲が進む。


これまでの事業実績(2015.9.30現在).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 168.8 KB

情報公開

 情報公開はこちら (CANPAN FIELDS)